ベトナムと貿易を行う際に必須といえる輸入規制についてのあれこれ

sitemap

ベトナム貿易

recent posts

ベトナム貿易における必須の知識とは

世界の人々

ベトナムと貿易を行う際、必須といえるのが「輸入規制」です。ベトナムには、送ってよい物とそうでない物があります。それを知らずに送ってしまうと、向こうに届かないということも起こりえます。
まず、貿易を行う際に送ってはいけない物については「弾薬などの武器関連」「家電製品・衣服などの中古消費財」「有毒化学品」が該当します。ただし、中古の機械や装置については、新品の80%以上の品質であれば、物によってはOKとなっています。この辺はかなりややこしいルールとなっているので、現地の販売店がどれだけ精通しているかが鍵となります。
次に、送ってよい物については「書籍・CD・化粧品などの文化製品」「医薬品などの一般消費財」が該当します。この中で注意が必要なのは、化粧品と一般消費財です。日本の化粧品はベトナム貿易でも高い人気を誇っているのですが、国際宅急便で送ったりすると、税関で止められてしまうおそれがあります。必ず、現地の販売店から税関に連絡しておいてもらわなければなりません。
一般消費財にも、同じことがいえます。そして、「一時輸入制度」という物もあります。ベトナムでの展示会や見本市で使う物については、輸入する際の関税・物品税・VATが免除されます。ただし、消費および販売しないことが条件となっています。

日本でも人気のベトナムからの輸入品

私たちの生活を支えてる品物の多くは、国内で作られたり採れたもの以外にも、海外からの輸入に頼っている部分も多くあります。その為、日本と海外諸国の間では頻繁な貿易が行われています。
中でも輸入品が人気の物が多いのがベトナムです。ベトナムの衣料品は、質が良いけれども価格が安いものが多い為、日本ではベトナム製の衣料品を多く輸入しています。また、日本の衣料メーカーの中では、ベトナムの現地工場を構え、日本向けの製品を生産している所も多くあります。現地での原材料や労働者など、総コストを考えたうえでも、ベトナムの現地での生産はプラスになるからです。
次に、私たちの食卓に欠かせない食品も、多くがベトナム貿易からの輸入品です。ベトナムは豊富な海産物が採れる国の為、海産物を多く消費する日本人にとっては、ベトナム貿易からの輸入品は欠かすことができません。また、農業大国でもある為、農作物の輸入品も多いです。
そして、家具です。ベトナムは、アジアと欧州が融合した独自の文化を持っている為、家具のデザインも精巧で日本からの人気も高いです。今では、ベトナム国内でも家具の生産技術も高まった為、より高品質で低価格の家具を輸入する事ができるようになりました。

ベトナムの輸出拡大

近年では、ベトナムの輸出量が拡大し、大幅な黒字を達成しているとされています。ベトナムは、以前までは、輸入に頼りきりとなっている部分が多く、工業もさかんでないため、90年代から2011年に至るまでの長い期間にわたり、貿易赤字が続いていました。近年では、周辺国とも比較してもその輸出は拡大しており、黒字が数年間連続で続いているというのが現状です。
この理由には、ベトナムの工業化と、経済発展などがあります。ベトナムでは、若年層の人口が増加しており、ベトナムの人口の約6割が若年層であるといわれています。少子高齢化である日本とは違い、今ベトナムは経済発展中であり、優秀な若者の労働力が増え続けているのです。このため、ベトナムの国全体の生産量が上がっており、工場での働き手が多く、貿易での輸出量も必然的に増加しているといえるでしょう。
また、世界中では、インターネット、スマートフォンが爆発的に普及し、モバイル端末や、その電子部品などの需要が高まっています。中国と同様、世界の工場であるベトナムは、これらの端末、電子部品を大量に生産し、そして貿易で輸出することで、黒字を達成しているという背景があります。今後も携帯電話の進化により、確実に黒字が続いていくとみられています。

information

2016年12月09日
注目されるベトナムへの進出を更新しました。
2016年12月09日
日本からの輸出も好調なベトナム貿易を更新しました。
2016年12月09日
ベトナム貿易では登録も必要にを更新しました。
2016年12月09日
ベトナム貿易では制限もあるを更新しました。
TOP